永代橋

永代橋は隅田川で四番目に作られた橋で出来たのは元禄11年(1698年)8月で、下流の中央大橋とはその歴史に雲泥の差があります。

永代橋の歴史

永代橋は上野寛永寺本堂の材木を使い深川と日本橋を結ぶ橋で、江戸幕府5代将軍徳川綱吉の50歳の誕生日の祝いで作られたものです。現在の場所より100メートル上流にかけられていたそうです。
永代橋という名前の由来は2説あり、
・1つは当時佐賀町付近が「永代島」と呼ばれていたからという説と、
・もう一つは、徳川幕府が末永く代々続くようにという説です。

江戸幕府の台所事情が傾くと通行料を取るようになったそうで、有料の橋だったそうです。文化4年(1807年)年8月19日、深川富岡八幡宮のお祭りで繰り出した沢山の人の重みに永代橋は耐えられずに、橋が崩壊する事故がありました。

作り直された永代橋は明治まで使われます。永代橋が鉄橋に変わったのは明治30年(1897年)ですが、関東大震災でまたも壊れ、大正15年に震災復興事業の第一号として現在の橋となっています。

永代橋 新川側から見た永代橋。美しいデザインですね。

永代橋 鉄骨の頑丈そうな橋。深川富岡八幡宮のお祭りで沢山の人の来ても壊れそうにありませんね。右が下流で東京湾方向です。

永代橋 車道と歩道が完全分離で安心して通行できます。写真は新川側から見た永代橋で右が下流で東京湾方向です。

永代橋 下流の中央大橋からみた永代橋。永代橋は赤穂浪士が討ち入りの帰りに渡った橋として有名。

永代橋 夜景の永代橋。きれいですね。

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

石川島公園

佃公園

近くの橋

近くのスポット

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2016 東京観光スポット 佃島と月島. All Rights Reserved.