石川島燈台跡

石川島燈台は、石川島人足寄場奉行・清水純畸(しみずじゅんき)が隅田川河口や品川沖を航行する船のために慶応2年(1866)に作ったものですが、現在の燈台は、広重の浮世絵から再現したものとのことです。実際の燈台は住吉神社水門の反対河岸にあったそうです。

石川島燈台跡 石川島燈台跡の下はトイレです(笑)

石川島燈台跡の説明 徳川家と佃島漁民の関係、佃島の成り立ち、石川島の灯台のことを解説した案内板。

石川島燈台跡の説明拡大 佃島は摂津国西成郡田村(現在の大阪市西淀川区佃)の漁師達が幕府の許可を得て築造した漁村である。
家康が1582年(天正10年)、京都から堺の地に遊んだ時、本能寺の変が伝えられ、急遽踵を返して間道を通り抜け大阪に向ったが、出水のため途方にくれている時に佃村の庄屋孫衛門が多数の舟を出して一行を助け、ここに徳川家と佃島漁民の間に固い絆が結ばれることになった。
その後、家康が江戸に幕府を開くにあたり、佃村の漁師に対する恩賞として彼らに幕府の御菜御用を命ずべく、老中安藤対馬守を通して、その出府を促し、 1613年(慶長18年)には「網引御免証文」を与え、江戸近海において特権的に漁が出来るようになった。
1644年(正保元年)には現在の地に百間四方の土地を埋立てて営造し故郷摂津国の住吉神社の分霊を奉祀し、島の名を佃島と命名した。

石川島燈台跡の説明拡大 石川島の灯台は1866年(慶応2年)、石川島人足寄場奉行清水純崎が、隅田河口や品川沖航行の船舶のため、油絞りの益金を割き、人足の手で寄場南端に常夜灯を築かせたもので六角二層の堂々たる灯台であった。この完成を最も喜んだのは近在漁師であった。
このたび佃公園を整備するにあたり、モニュメントとして灯台を建設するとともに、護岸前面に安藤広重の浮世絵をレリーフしたものを3題設置して往時をしのぼうとするものである。
平成元年 3月
中央区土木部公園緑地課

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

石川島公園

佃公園

近くの橋

近くのスポット

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2016 東京観光スポット 佃島と月島. All Rights Reserved.