中の島公園

中の島公園は相生橋の下にある小さな公園で満潮になると隅田川(晴海運河)の水が浸水し、屋形船などからの波を受けても浸水する水上公園です。もともとは完全に島でしたが、現在は橋の下が埋め立てられ越中島方面と繋がっています。

中の島公園の写真 夕暮れの隅田川。正面に屋形船と高層マンションが見えます。

この中の島公園は昭和2年(1927)相生橋の再建の後、水上公園として公開されました。相生橋自体も月見の名所であり、中の島公園も非常な賑わいをみせたそうですが、水質汚濁などにより訪れる人も少なくなり、昭和48年(1973)に閉鎖されたそうです。
その後、水質改善がみられた昭和55年(1980)、潮の満ち干により水位が変わる観潮池や、島の南北をつなぐ渡桟橋を整備し、釣りや夕涼みのできる見晴らしのよい公園として再び公開され現在に至っています。

中の島公園の写真・相生橋の上から撮影 相生橋の上から撮影しています。右側が下流で東京湾です。

中の島公園の説明 中の島公園は明治36年(1903)、越中島と佃島を結ぶ相生橋が架けられた時に中継地点となった島です。
当時、中の島から佃島側に相生大橋、越中島側に相生小橋の2つの木橋が架けられていたが、大正12年(1923)、震災により焼失してしまった。
昭和2年(1927)、相生橋の再建の後、中の島は隅田川唯一の水上公園として整備された。
当時はその珍しさから非常な賑わいをみせた。また、相生橋は木橋のころから月見の名所といわれていた。
その後、中の島公園は隅田川の水質汚濁などにより訪れる人も少なくなり、昭和48年(1973)にいったん閉鎖された。
しかし、水質改善がみられた昭和55年(1980)、隅田川の水を入れ潮の満ち干により水位が変わる観潮池(潮入の池)や、島の南北をつなぐ渡桟橋を設置し、釣りや夕涼みのできる見晴らしのよい公園として再び開園された。
この度、中の島公園は相生橋の再度の架け替えにともない、ハギ・ススキを植栽するなど新しく整備された。
中の島公園と商船大学・明治丸は、昭和63年(1988)の区民投票により、江東八景のひとつに選ばれています。
平成十二年四月(二〇〇〇)
江東区

中の島公園の写真 正面の橋は相生橋。左側が下流で東京湾です。

中の島公園の写真 相生橋の下です。十分安定してる円柱ですが、慎重に歩かないと。。。

感潮池(かんちょういけ)

川が海に流入する河口部は川は潮の満ち引きの影響を受け、海の水面が上下します。中の島公園には池がありますが、この池が潮の影響で水位が変化、即ち、潮の満ち引きを感知するから感潮池と言うそうです。

感潮池の説明

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

石川島公園

佃公園

近くの橋

近くのスポット

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2016 東京観光スポット 佃島と月島. All Rights Reserved.