パリ広場

パリ広場はL字型園の石川島公園の直角に折れている部分にあり、御影石を敷き詰めた直径30メートルの円形で、それを取り囲むようにベンチが置かれています。この公園になぜ、パリ広場があるのかは、感のいい人は直ぐわかりますが、東京都とパリ市の友好関係によるものです。 近くの中央大橋はフランスのデザイン会社が設計し、中央大橋の中央にはパリ万国博覧会に出品されたメッセンジャーがあったりで、パリと、とても関係が深いんです。

パリ広場 この広場が「パリ広場」と名付けられたのは、東京都とパリ市の友好関係によるもので、パリの16区には「東京広場」があるんですよ。

パリ広場の御影石 パリ広場の御影石。直径30メートルの円形です。

パリ広場のモニュメント この銀色のアーチ型モニュメントは子供達が手をつないだ様子をモチーフにしもの。“友情から未来へ”と名付けられたこのモニュメントは、パリ広場設立時に同様に記念として作られそうです。

パリ広場のタイル絵 子供達の描いたカラフルなタイル絵がはめ込まれています。

パリ広場のタイル絵 このタイル絵は、当時、フランス人学校リセ・フランコ・ジャポネ・ドゥ・東京が併設されていた明正小学校に城東小学校、佃島小学校の児童が協同して作り上げたもの。

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

石川島公園

佃公園

近くの橋

近くのスポット

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2016 東京観光スポット 佃島と月島. All Rights Reserved.