日本初の民営洋式造船所 発祥の地

この石川島公園には総合重機メーカーの株式会社IHI(旧社名:石川島播磨重工業株式会社)の原点があります。
1853(嘉永6)年、この石川島に水戸藩主徳川斉昭の手によって創設されたのが石川島造船所で、 これが石川島重工業株式會社となります。
その後、石川島重工業株式會社は株式會社播磨造船所と合併し石川島播磨重工業株式会社なり、そして、社名をIHIに変更したのです。

日本初の民営洋式造船所 発祥の地 日本初の民営洋式造船所 発祥の地の案内プレートです。この説明文を読むと石川島造船所の由来などを知る事が出来ます。

千代田形 千代田形(ちよだがた)は江戸幕府の軍艦で、初の国産蒸気砲艦で、江戸湾・大坂湾防御のため量産化が計画されていたため千代田「形」と名付けられたそうです。

日本初の民営洋式造船所 発祥の地の説明文 米国ペリー艦隊が来航した1853年(嘉永6年)幕府の命を受けた水戸藩がこの地に石川島造船所を創設した。
同造船所は洋式帆装軍艦「旭日丸」をはじめ、日本人によって設計、建造された最初の蒸気軍艦「千代田形」など数多の艦船を次々と建造、造船技術を通じてわが国産業の近代化に大きく貢献した。
明治維新後の1876年(明治9年)平野 富二によりわが国初の民営洋式造船所として再スタートし、その後1889年(明治22年)には渋沢 栄一などの協力により会社組織となり、有限責任石川島造船所、株式会社東京石川島造船所の社名の下、明治から大正・昭和にかけて、多くの軍艦・商船を世に送り出してきた。

日本初の民営洋式造船所 発祥の地の説明文 この地での造船事業は1939年(昭和14年)造船部門の東京深川区豊洲への移設によって幕を閉じた。
その後、石川島重工業株式会社、石川島播磨重工業株式会社と社名が変更される中で、当地は日本屈指の重機械類の専門工場として活躍してきたが、1979年(昭和54年)の工場大移転により、その長い歴史を終えた。

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

石川島公園

佃公園

近くの橋

近くのスポット

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2009-2016 東京観光スポット 佃島と月島. All Rights Reserved.